【HOME】  No1615<<【No1616】>>No1617  (写真クリックで拡大表示)

No1616.上田周辺の観光地(2016.10.07)
10月6日に、長野県上山田温泉で高校時代の同窓会があり、上田城(上田城跡公園)の写真撮影を
考えたが、今年はNHK大河ドラマ『真田丸』の関係で、物凄く観光客が多く混雑しているようなので、
そこは避けてその周辺の、観光地の写真を撮ってきました。



上田周辺の観光地-1
古代体験パーク(1)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-2
古代体験パーク(2)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-3
古代体験パーク(3)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-4
荒砥城(1)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-5
荒砥城(2)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-6
荒砥城(3)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-7
北向観音院(1)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-8
北向観音院(2)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-9
北向観音院(3)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-10
安楽寺(1)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-11
安楽寺(2)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-12
安楽寺(3)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-13
安楽寺(4)

撮影情報を表示




上田周辺の観光地-14
安楽寺(5)
撮影情報を表示



上田周辺の観光地-15
同級会記念写真
写っている方は各自で、右クリックで画像
保存で取り込み、自分でプリントアウトの事

撮影情報を表示

【記事】
荒砥城(あらとじょう):
村上氏の支族である山田氏によって築かれた山城で、山田城、砥沢城とも呼ばれる。川中島合戦の頃には武田軍と
上杉軍による争奪戦が繰り広げられた。

天正10年(1582)、武田氏滅亡後、上杉景勝の川中島統治時代には屋代秀正が海津城副将となり、荒砥城は
清野・寺尾・西条・大室・保科・綱島・綿内の各氏による城番管理がなされた。翌天正11年、屋代秀正は徳川家康
と通じて荒砥城に籠城、後に上杉諸将に攻められ落城したと伝えられている。


北向観音:
北向観音は、長野県上田市の別所温泉にある天台宗の寺院。近隣にある天台宗常楽寺が本坊であり、その伽藍の一部
として同寺が所有・管理する。

境内には生育するカツラの巨木(雄株)がある。推定の樹齢は300年以上の諸説があり、慈覚大師円仁と千手観音にま
つわる伝説が残されている。この木が世に知られる契機となったのは、川口松太郎の小説『愛染かつら』である。
川口はこのカツラの木と木に隣接する愛染明王堂に着想を得て、1編の恋愛ドラマを書き上げた。小説及びこれを原作
とした映画の大ヒットによって、この木も「愛染カツラ」と呼ばれるようになっている。


安楽寺:
安楽寺は長野県で最古の禅寺と伝えられています。創立は正確には不詳で、729年から834年の間だと伝えられています。
鎌倉時代の安楽寺は塩田流北条氏の庇護を得て大変栄えたそうですが、

以降衰退し古い建物は八角三重塔を残すのみとなっています。13世紀末に建立されたといわれている「八角三重塔」は
国宝にも指定されており、その見事な禅宗様建築は必見です。


同級会記念写真:
写っている方で写真の必要の方は、各自でこのページの写真上で右クリックし「名前をつけて画像を存保」を実行し、
(拡大写真でのクリック保存は不可)、自分でプリントアウトして下さい。

なお、高校の同級会の写真ですが、高校名はHPに書いたことが無いので書きませんが、有名人の卒業生としては、
演技派な俳優・田中要次さんが居ます。また最近の有名人として大相撲の「御嶽海」が入学生です。入学生ですが卒業生
ではありません。1年の時この高校に入学したが、2年になる時学校が閉校になり別の高校と合併で、2年生からは新しい
高校名になったので、卒業の学歴は新高校名になっています。


【ページTop】  【HOME】
inserted by FC2 system